制度を知る制度を知る

出る杭を伸ばす。向上心を刺激する。それが、むさしの園の教育制度出る杭を伸ばす。
向上心を刺激する。
それが、むさしの園の
教育制度

新人職員研修制度

むさしの園なら介護の資格が無い方でも、
初任者研修事業により資格取得ができます!

むさしの園では、埼玉県から指定(西福第334号)を受けているむさしの園カレッジという研修事業を行っています。むさしの園カレッジとは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)講座を行う“介護の研修”で、講義以外にも演習や実習を行い、知識だけでなく、現場での対応力を学ぶことができます。無資格で入職された方にはむさしの園カレッジで介護職員初任者研修講座を受け、資格の取得に向けて学んでいただきます。

むさしの園カレッジについてくわしく見る

無資格・未経験者も安心
独自の「新人職員研修マニュアル」に
基づいたマンツーマン指導

一般の学部の方で無資格・未経験の方でも、至福の会では「新人職員研修マニュアル」に基づき、担当する職員がマンツーマンで指導します。そして、働きながら資格を取ることが出来ます。
福祉系学部の方も同じように指導させていただきます。理由としては、一般の学部より福祉系学部の学生は、実習などを通して多少の知識や技術はあるかと思いますが、社会人として舞台に立つのは皆さん同じである為、また"至福の会の職員"として働くことは初めての事なので、平等に一から指導します。

3大スキルアップについて

内部研修制度

むさしの園では内部講座研修を毎月1回開催しています。内部研修では、各リーダーのオリジナルの研修テキストを用いた介護技術のスキルアップを目指した研修や、インフルエンザ・ノロウイルス対策の研修、認知症など90分間で学べる内容を学んでいきます。

  • グループワーク チームのメンバーと一緒に取り組み知識や経験を共有していきます。
  • 体験 実際に利用者様と同じ状況を体験することで利用者様の気持ちを知り、介護のケアに活かします。
  • 外部講習 介護・医療などの専門分野で活躍している講師を外部からお招きし、職員の更なる専門知識を深めます。

委員会活動

むさしの園では各種委員会活動を通じて、スキルアップはもちろん、チームの意識向上や事故防止に努めています。

接遇改善委員会

  • 利用者様に親切・丁寧に接することにより、職員との信頼関係を深めます。
  • 定期的に内部研修を開き、職員への精神的・技術的指導、助言し働きやすい環境作りに努めます。
  • 人事考課制度のために、個々の目標達成のためのやりがいある環境を整備します。

身体拘束廃止・事故防止委員会

  • 定期的にカンファレンスを行い、身体拘束経過・廃止策を確認し、状況の変化に応じて対策を再検討します。
  • 廃止を目指し、常に身体拘束時間・回数の縮小を追求します。
  • 入居者様個々の状態に応じて予防策を考慮し、安全確保の徹底に努めます。

レクリエーション委員会

  • 個々のニーズを反映させ、安心で安全なレクリエーションを企画し、実施します。
  • 季節感じて頂けるよう、時季に応じたレクリエーションを企画し、一年を通して生活にメリハリをつけていただくよう努めます。
  • 計画書作成後は必ずその行った行事に対して結果を書き、みんなが楽しめるレクリエーションを企画します。

日常生活向上委員会

  • 食事、入浴、排せつ等の、日常生活上の向上を上げるために構成された委員会です。
  • 【食事】利用者様の嚥下・咀嚼能力に合った食事形態を栄養課と連携して提供します。
  • 【入浴】利用者様に負担がかからないよう、水温調整や脱衣所の空調管理を徹底し、利用者様の健康とプライバシー保護に努めます。
  • 【排せつ】プライベートカーテンを必ず使用し、プライバシー保護に努めます。また、接触感染を防ぐため、手指消毒を常時行えるよう補充します。

広報委員会

  • 広報紙「茶の花かわら版」を発行し、利用者様のむさしの園での生活や様子、行事の模様をご家族に知っていただきます。
  • 利用者様の行事参加や生活状況を撮り、日々の生活の記録としてアルバムに張ります。

外部研修制度

むさしの園には常に掲示板に沢山の研修情報を掲載しています。外部研修に参加したい方は定期的にチェックして、希望するものを申し出ます。外部研修にかかる交通費や研修参加費は施設が負担し、介護の新しい知識を知りたい方に対して積極的に支援します。
また、施設独自で行っている技術などを研究大会で発表も行っています。大会で発表をすることにより、モチベーションを高め、また発信する力を身に付けることが期待でき、介護業界のリーダー格となる人材を育てています。

研究大会での発表実績

大会名 発表者
狭山市高齢者福祉実践・研究大会 6名
埼玉県高齢者福祉研究大会 4名
関東ブロック高齢者福祉研究大会 1名(埼玉県推薦)
  • 教育制度
  • 福利厚生制度

「自分が心から利用したい」と思う施設を一緒に作っていきませんか?

  • 中途採用を見る
  • 新卒採用を見る